ブログ運営

WordPress有料テーマ「JIN」を導入してみた【備忘録】

JINをインストールした後は‥

「JIN」を購入すると、メールアドレス宛にインストールページが送付されるので、手順に従ってインストールしました。

独自でカラー設定を行なっていることもあり、「JIN子テーマ」を有効化しています✧

≫ JINを設定する基本マニュアルはこちら

 

「ピックアップ」の作成

ブログのTOPページに、注目させたい記事を設置することができます。
4記事を固定する方法と、カルーセル(スライド)する方法があります。
≫ ピックアップの設定方法はこちら

「コンテンツマガジン」の作成

ブログのTOPページに、カテゴリー別に記事を絞り込むツールを作れます。
ブログ内で複数カテゴリーを展開している場合は、非常に見やすくなります!
≫ コンテンツマガジンの設定方法はこちら

「インフォメーションバー」の作成

コンテンツマガジンと似ている印象ですが、ブログのヘッダーに常に固定しておけます!
≫ インフォメーションバーの設定方法はこちら

スマホ画面では、「スマホスライドメニュー」として設定します。
≫ スマホスライドメニューの設定はこちら

また、フッターに固定するメニューは「スマホフッターメニュー」として設定します。
≫ スマホフッターメニューの設定方法はこちら

カテゴリー表示の位置を変える

ブログ記事を一覧していると、カテゴリー表記がアイキャッチ画像の左上に位置するのが基本ですが、この表記する位置をタイトルの下に変更することができます。
≫ カテゴリー表記の位置を変更する方法はこちら

「PV数」を表示させる

プラグインを使用しなくても、管理画面でPV数を確認できるようになります。
≫ JINの管理画面でPV数を反映する方法はこちら

メニューにアイコンを表示させる

JINのヘッダーメニューにアイコンを表示できるようになります。
≫ アイコンを反映させる方法はこちら

 

追加したプラグイン

Customizer Export/Import
一括でデザインを変更するもの。(追加したものの使ったか覚えてません‥)
Rich Table of Contents
RTOC設定。記事内に目次を表示させるもの。
≫ 設定で参考にした記事はこちら
Classic Editor
基本はビジュアルエディターなので使っていませんが、追加しました‥!
≫ 設定で参考にした記事はこちら

 

Googleまわりの設定

Google AdSense|アドセンス

アドセンス広告を表示させるために、再度HTMLを設定する必要がありました。

≫ JINでアドセンスのHTMLを掲載する方法

 

わたしがアドセンスの表示に採用したのは、以下の箇所です。

  • インフィードに複数個
  • 記事の途中
  • 記事下関連コンテンツ

テーマによっては、記事内にアドセンスを掲載したい箇所に<ad>と入力すると表示される場合もありますが、

JINの場合は記事毎に広告を表示するかしないかを選択します。

≫ アドセンス広告の掲載箇所についてはこちらを参照しました

Google Search Console|サーチコンソール

こちらは、あまり悩むことはありませんでした!

≫ JINでサチコを設定する方法はこちら

Google アナリティクス

アナリティクスに関しても、再度設定が必要ですが、JIN専用という訳ではなく一般的な設定方法に従いました。

≫ アナリティクスの設定で参考にした記事はこちら

ABOUT ME
なごみ
首都圏で20代夫婦ふたり暮らしです。 会社員を辞めて、2020年からSOHOワーカーへ InstagramFW5.6K 余裕のある素敵な女性を目指して。 こんな女性になりたい!をみつけています。