業務スーパー購入品レポ|プリプリえびカツ(冷凍)

業務スーパー購入品プリピリえびカツ冷凍食品業務スーパー購入品レポ
なごみ
なごみ

こんにちは、なごみ(@_nagomi_log)です⧉

この記事では、格安スーパーとして話題の「業務スーパー」で購入した商品を実際に調理して記録しています。

冷凍8個入りで358円!

業務スーパー購入品 プリプリえびカツ 冷凍

「プリプリで旨みがあるバナメイエビとイカのすり身を使用し、美味しいえびカツに仕上げました。タルタルソースやオーロラソースなど、お好みのソースをつけて召し上がりください。」
と説明されている『プリプリえびかつ』です!

はむさん
はむさん

パッと見て、中身の様子とサイズがわかるのがいいですね!

衣があらかじめ付いているので、揚げるだけととっても簡単です。
キャッチフレーズの通り、「お弁当や夕食の一品に!」ぴったりだと思いますし、「パンに挟んでサンドイッチに!」もおすすめです◎

なんと、こちらは8個入りで358円(税別)です✧
1個あたり45円程度ととってもコスパのいい商品となっています。

袋を開けたばかりの写真を撮り忘れてしまったのですが、1個あたり6〜7cm程の大きさです。
衣もちょうど良くついているので、後からパン粉を加えたりする手間もありません。

調理方法

袋に記載されている調理方法をご紹介します。

油で揚げる場合

170℃のたっぷりの油で、凍ったままの本品を3個あたり約6分揚げます。

少量の油で揚げる場合

① フライパンで少量の油を中火で加熱し、温まったら凍ったままの本品を3個入れます。

② 片面がきつね色になるまで加熱した後弱火にして裏返し、もう片面もきつね色になるまで加熱します。

③ 弱火にして両面を約30秒ずつ加熱します。

栄養成分表示について

100g当たりの栄養成分は以下の通りです。

● エネルギー:137kcal
● たんぱく質:7.7g
● 脂質:0.8g
● 炭水化物:24.7g
●食塩相当量:1.5g

こちらのささみチーズフライは、8個で400gの内容量です!

それでは、調理しまていきます!

業務スーパー購入品 プリプリえびカツ 冷凍

今回、わたしは他にも揚げ物をする予定があったので、お鍋を使って多めの油で揚げました。

冷凍庫から取り出したばかりの状態で揚げていますが、問題ありませんでした◎

目安の揚げ時間はあったのですが、色を見ながら大丈夫そうかな〜とひっくり返したりして様子をみました。
厚みが3cm程あったので中身までしっかり揚がっているか少し不安な気持ちもあったのですが、しっかり中まで火が通っていました。

揚がった断面をチェック!

業務スーパー購入品 プリプリえびカツ 冷凍

揚がったらバットに移しました。
揚げ物から油をきるときは、何回か振って振り落とすよりも、
一回油から離したら、もう一度油に表面をゆっくりと2度漬けするようにすると
キレイにきれるのでおすすめです!

そうして、揚がったその断面は…

バナメイイカのすり身を使用して食感を活かしているので、えびはたくさんではなく斑ら斑らに入っています。

お味は…?

業務スーパー購入品 プリプリえびカツ 冷凍

先ほどの画像で、少し感想を記載していましたが、

イカのすり身が入っていても、食感はちゃんとえびカツですし、イカの味はしないです。
普通に「えびカツ」という感じで美味しいです🦐

これを食べていると、マクドナルドのえびフィレオを思い浮かんで、とっても食べたくなりました!
正直、えびフィレオほどのプリプリ感はないです。

それでも、値段を考えると、十分すぎました!


ソースをかけて、そのまま揚げ物の一品として食べても美味しいのですが、
パンなどに挟んて、バーガーにして食べるのが一番いいのでは?!と思いました!
あいにくパン類が何もなかったので、実現しませんでしたが、今度は挑戦してみたいです✧

タルタルソースやオーロラソースもとっても合いますよ〜◎

ぜひ、お手にとってみてください!


ポイ活をご存知ですか?
ポイ活とは、ネット版のポイントカードのようなポイントサイトを活用して、ポイントを貯めることをいいます。

わたしはポイ活をはじめてから、毎月5万円以上の収入を得ることができています✧

ポイントは、現金にすることもできますし、現金以上の価値になることもあります。
実際、食費の足しにしたり、ウエル活によって日用品に現金を使わなくなりました!

普段の生活に、ポイントサイトをプラスするだけでとってもお得に生活できます❤︎
よければ、一緒に始めませんか?

こちらから紹介してます⚐


※ Instagramでも紹介しています。よければご覧ください!
 フォローやいいね、大歓迎です❤︎


≫ この記事のTOPに戻る

≫ このブログのTOPに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました