iDeCo(イデコ)の2020年1月時点の運用状況公開!

iDeCoイデコ運用状況公開 分散投資 iDeCo 資産形成iDeCo
なごみ
なごみ

こんにちは、なごみ(@_nagomi_log)です⧉

この記事は、以前のこちらの投稿に引き続き、実際に加入しているiDeCo(イデコ)の運用実績を公開いたします。

はむさん
はむさん

そもそもiDeCoってなあに?という方は、ぜひ上記の投稿からご覧ください!

iDeCo、2020年1月時点での実績公開!

イデコ運用実績公開

2020年1月某日時点でのiDeCo(イデコ)の運用実績です。
投資累計額60,168円に対して、評価損益は+6,608円となりましたので、
時価評価額は、66,776円です!

先月と比較してみた!

先月の2019年12月時点の運用実績と比較してみました。

2020年1月2019年12月
投資累計額60,168円55,339円
時価評価額66,776円60,722円
評価損益+6,608円+5,383円
運用利回り20.19%19.42%

毎月5,000円掛けているので、運用時の手数料である171円が差し引かれ、4,829円が投資累計額に加算されています。

評価損益としては、前月比で1,225円増えていました!

はむさん
はむさん

投資金額は多い方がたくさん増えやすいですよね!

運用利回りとは?

運用利回りとは、以下の通りです。

開始来の掛金累計額と時価評価額から運用利回りを算出しています。

個人型確定拠出年金(iDeCo)|楽天証券」より

利回りの計算は、各月の入金(出金があった分は入金より減額)ごとに、一ヶ月複利での月利回りを計算し、それら全体を年利回りに換算して表示されています。

例えば、入金した10万円が、1ヶ月後に10万1千円となった場合を計算します。

月利回り=1000円(収益)÷10万円(投資元本)=1.00%(/月)
年利回り=(1+1.00%) x^12−1=12.68%(/年)

なごみ
なごみ

12乗…、難しい計算ですね…(笑)

現在のポートフォリオ!

イデコポートフォリオ

そもそも、ポートフォリオとはなんでしょうか?

ポートフォリオとは、ご自身の保有する(保有を予定している)資産の組み合わせやその比率のことを指します。

ポートフォリオを作ってみましょう|アセットマネジメントOne」より

今回の場合は、なごみが保有している「iDeCo(イデコ)の中のポートフォリオ」を表していますが、

なごみが保有している「金融資産全体のポートフォリオ」というような使い方も正しく、
その場合、現金が何%、定期預金が何%、株式が何%、投資信託が何%…という形になります。

はむさん
はむさん

円グラフで表されていることが多いです!

原則として、100%を最大とする比率で表されますので、なごみのiDeCoのポートフォリオを円グラフに起こしてみると、このようになります。

イデコポートフォリオ円グラフ
なごみ
なごみ

圧倒的に「株式」が多いですね…!

一方、保有金融資産に対するポートフォリオを円グラフに表してみると、このようになります。

金融資産ポートフォリオ例

全体を円に表しているので、全体のうちの各項目の割合が一目でわかりますね◎

注:こちらは一例なので、この比率が推奨できるというものでは一切ございません!

はむさん
はむさん

こんなにお金があったらいいんですけどね…

注:円グラフの作成はこちらのサイトを活用いたしました。

リスクとリターンの関係

なごみが保有しているiDeCoでは「株式」が多いという話をしました。

投資信託における「株式」は一括りにいっても、さまざまあり、そのリスクとリターンの度合いも異なっています。

こうみていると、大きなリターンを求めるには、大きなリスクが伴うことがわかります。

リスクはあまり取りたくないけど、リターンもほしい!

という方は、ローリスクな商品とハイリスクな商品を選択し、資産割合をうまく割り振ることが重要となります。

分散投資の重要性

以前、こんな資料を目にしたことがありました。

投資信託分散投資の重要性

代表的な資産の年次リターンをランキングにしたものを見ると、市場環境は変化するため、個別資産の順位の変動には規則性がなく、魅力的な資産を選び続けることは難しいことが分かります。

分散投資をすることによって各年の変動幅を抑え、下落リスクを抑制することが期待できます。

分散投資で安定した長期投資をはじめよう|SMBC日興証券」より

ひとつの資産に偏ってしまうと、市場環境の変化によっては「かなりいい時もあれば、かなり悪い時もある」という状況が生まれます。

どうしても資金が必要で解約したい時が、かなりいい時、であれば万々歳でしょうが、
それが、かなり悪い時、だった場合はいかがでしょうか?

なごみ
なごみ

もう投資はやりたくない!ってなりそうですね…


分散して投資していた場合はどうでしょうか?
上記の表の中で「分散投資」がありますが、ランキングの中では中位にあることがわかります。

もちろん、マイナス値になることもありますが、分散されていることで大幅な下落は避けることができることがわかります。


ひとつひとつ商品を選んで購入することは、大変ですので「バランスファンド」の商品を購入することで、分散した投資を行うこともできます。

例えば、「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」という商品をみてみます。

交付目論見書から確認することができますが、この商品の投資割合は、以下の通りとなっています。

投資割合

8つの日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券市場の値動きに連動する投資成果をめざした商品です。

こういった商品も多数ありますので、趣向や好みに合うようであれば選択されてみてもいいかと思います!

はむさん
はむさん

ところで、なごみさんのiDeCoは全然分散できてないのでは…?

なごみ
なごみ

まさにそうなんですよね…(笑)

わたしは、なるべくローコストとなる商品や自分が気に入った商品を選んでいたら、債券がなく株式の多い比率となってしまいましたが
iDeCoは投資商品の見直しができますので、必要であれば見直しも検討していきたいと思います。

iDeCoを始めるなら、コレ!

楽天証券ハピタス

わたしは楽天証券でiDeCoを利用しています。
あらゆるサービスで楽天をメインに利用しており、楽天証券ではつみたてNISAやiDeCo、ポイント投資を行っています。

なごみ
なごみ

そんな楽天証券をお得に始める方法があります!

ポイントサイトを経由して、楽天証券に登録することです。
ポイントサイトを経由することで、そのサイト上でポイントが貯まります。

2020年1月30日時点では、あのテレビCMでも話題の「ハピタス」を経由してから登録すると、
1,000ptつまり、1,000円分のお小遣いがもらえます!

ハピタスについては、よければこちらの投稿をご覧ください。

▽ ハピタスはこちら

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ポイントサイトについては、こちらの記事でオススメサイトをまとめていますので、よければご覧ください◎

さいごに

いかがでしたでしょうか。
これからも、iDeCoを含め資産形成についてお勉強しながら、ご紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします♪


※ Instagramでも紹介しています。よければご覧ください!
 フォローやいいね、大歓迎です❤︎


▷ この記事のTOPに戻る

▷ このブログのTOPに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました